介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

New Topics
介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

介護資格を取得するためには、実習を受けなくてはいけません

介護資格を取得するために、介護福祉士の養成学校に行きますと、必ず450時間の実習が義務付けられております。日数に致しますと、約10週間程です。この期間は、全部出席をして、実習の最終日に、実習担当者からのコメントや、捺印などをきちんと受け取らなくてはいけません。また、学校に戻っても、実習の報告会などがありますので、実習は絶対にさぼってはいけない事なのです。介護実習は、将来の就職先を決めるのにも、とても参考になります。ですので、中には、実習中に良い評価を貰う事が出来て、そのまま就職先が決まっていく学生もいるのです。

特に、介護福祉士の養成学校では、学生を学校外で、介護サービス事業者の協力を得て、介護実習教育を行っている所が沢山あります。ですので、きちんと実習を行う事で、現場を理解する事が出来ますので、将来にとても役立てることが出来るのです。将来、介護福祉士になる為に、介護資格を取得するという事でしたら、実習先では、必ずどういった事を学ばなくてはいけないのかという特徴を理解するようにしましょう。そして、その上で、自分自身の将来の目標やパーソナリティなどを考えて、実習にのぞむ様にしましょう。そうする事で、実習で得ることが出来るものは、大分変わってくるのです。

ピックアップ

Copyright 2017 介護資格を取得する方法を知っておきましょう。 All Rights Reserved.