介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

New Topics
介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

介護資格〜介護福祉士、及びその取得方法について

介護現場の中で実践的な介護を担っているのが、国家資格である介護福祉士です。介護福祉士は、その資格をもってして、介護のプロ、スペシャリストして位置付けられており、また家族を介護する人などに対して適切な助言をすることが求められている、介護資格です。取得方法としては、現在では養成校ルートと、現場ルートと呼ばれるものがあります。養成校ルートは、国によって認定されている大学や専門学校などで所定のカリキュラムを修め、卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できると言うものです。

一方の現場ルートは、養成校などに入学、卒業していない人でも介護福祉士の資格を取得できる方法です。実際の老人ホームなどの施設で、所定の年数、日数、介護業務を実務としてこなしてきた場合、介護福祉士の試験を受験するための資格を取得することができます。そして国家試験を受験し、それに合格をすれば介護福祉士の資格を取得できると言う具合です。このように、資格取得のための方法に種類があるため、たくさんの人が資格取得にチャレンジすることができると言うメリットがあります。しかし半面、片方は学校で勉強をし卒業をしたら資格が取得できる、片方は実際の介護業務に就いているにもかかわらず、試験を受けなければならないと言うことで、平等ではない、あるいは、取得方法がわかれてしまっているせいで、資格そのものの価値がどの程度なのか分かりづらいという声も上がっていました。

そこで、介護福祉士の資格取得方法が一本化されることが決定しました。特に大きな変更点としては、養成校などを入学した人でも、国家試験を受験することが絶対となった点です。この変更により、介護福祉士の価値の一定化、そして介護福祉士の質の一定化をはかることができるとされています。

ピックアップ

Copyright 2017 介護資格を取得する方法を知っておきましょう。 All Rights Reserved.