介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

New Topics
介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

ヘルパーとして働くのに有利な介護資格

ヘルパーとは体が不自由な高齢者や障害者がいる家庭に訪問して、介護サービスを提供している人のことを言います。訪問ヘルパー、ホームヘルパーなどとも言います。ホームヘルパーに対して、特養老人ホームやグループホームなどの介護施設で働いているヘルパーを施設ヘルパーと呼びます。訪問ヘルパーも施設ヘルパーも、資格がないと介護の業務内容に制限が出てしまいます。その分時給も有資格者よりも低めです。そのため、「介護職員初任者研修」というヘルパーの資格を持って働いている人が多いです。

ヘルパー初心者用介護資格であるヘルパー2級が廃止となり、新しく出来たのが介護職員初任者研修です。国家資格ではなく、認定資格の一種で、研修を受けて修了した人に与えられます。介護職員初任者研修を取得していれば、訪問ヘルパーとして責任ある仕事が任せてもらえるし、施設ヘルパーとして高待遇で働けます。まったく介護と関係ない異業種から介護業界に転職したい場合も、とりあえず持っておけば有効に働きます。介護職員初任者研修は、通信教育で取得することもできますが、実技研修は必ず学校に通って受けなければならないので、通信のみで取得するのは不可能です。

ピックアップ

Copyright 2017 介護資格を取得する方法を知っておきましょう。 All Rights Reserved.