介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

New Topics
介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

介護のエキスパートになれる介護資格

ヘルパーから介護福祉士やケアマネージャーを目指したいと思っているなら、まずは介護職員初任者研修を受講することです。介護職員初任者研修は、ヘルパー初心者向けの介護資格です。研修を通して、介護の知識、スキルを身に付けられるので、研修が終わった頃には未経験でも介護のエキスパートとして活躍できる人材になっています。ヘルパーの働き方には、常勤、非常勤、パートタイム、登録制などがあります。常勤ヘルパーは正社員として特別養護老人ホームや有料老人ホームなどに勤務して、長期間安定して働けます。そして介護福祉士などへのキャリアアップを目指すこともできます。

非常勤ヘルパーは1日のうち2時間〜4時間ぐらい、1週間に2日だけなど、ゆとりを持って働けるので主婦層に人気があります。ヘルパーは無資格でも募集していることもあるし、無資格で働いているヘルパーもいます。ただ、資格がないとどうしても雑用レベルの仕事しか任せてもらえなかったり、登録ヘルパーの場合はあまり仕事を紹介してもらえなかったりします。しかし、介護職員初任者研修を受けて修了証明書をもらうことで、有資格者としてそれなりの介護の仕事を任せてもらえるし、給料面でも違いが出てきます。

Copyright 2017 介護資格を取得する方法を知っておきましょう。 All Rights Reserved.