介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

New Topics
介護資格を取得する方法を知っておきましょう。

介護資格を持っていると就職に有利です。

高齢化が進む日本では、介護の仕事が増えています。介護職には、資格を必要とするものと、必要としないものがあります。介護資格の基本は、介護職員初任者研修です。介護職を希望する場合、最初に必要な資格となります。130時間の研修を受け、最終日の試験に合格すると、資格を手にすることができます。比較的簡単に合格できますから、合格率も高いです。さらに、450時間の研修を受けて、最終日の試験に合格すると、介護福祉士実務者研修の資格を得られます。介護職員初任者研修の資格を持つ者には、研修時間の軽減があります。難易度としては、中くらいです。

さらに、ステップアップを目指すのであれば、国家試験の介護福祉士があります。合格率は、50パーセント程ですから、やや難しいと言えます。しかし、介護職を目指すのであれば、次のケアマネージャーに繋がる介護福祉士の資格は必須です。介護福祉士へのアプローチは、主に3つあります。実務研修と実務経験3年を経て受験する場合と、福祉系の高校や福祉養成施設から受験するパターンがあります。福祉養成施設とは、福祉科のある大学や専門学校があります。

その他の介護職の資格として、介護支援専門員や理学療法師、作業療法師があります。介護の計画や支援のプランを作成する介護支援専門員は、人気がありますが、試験は難しいので合格率も低いです。

Copyright 2017 介護資格を取得する方法を知っておきましょう。 All Rights Reserved.